山形県新庄市大字福田806 | 0233-22-2047

ご挨拶

医療法人社団清明会新庄明和病院は、昭和42年に開院して以来、新庄・最上地域に唯一の精神科の病院として、精神科医療圏域基幹病院、応急入院指定病院、災害拠点精神科病院、心神喪失者等医療観察法指定通院医療機関の役割を担ってまいりました。また、精神疾患や認知症で身体合併症(主に慢性腎不全・人工透析)を有する患者様の医療にも精神科医師が主体性をもって関与するという理念の下、心身統合病棟を整備し、積極的に精神科身体合併医療に取組んでおります。更に平成29年からは山形県の指定を受け認知症疾患医療センターを開設しました。認知症疾患医療センターでは、認知症に関する鑑別診断など専門的な医療の提供のほか、地域のかかりつけ医、地域包括支援センター、介護サービス事業者、行政機関等と連携を図りながら、認知症患者の方が、住み慣れた地域で安心して生活できるよう、地域の認知症疾患の保健医療水準の向上を図ることを目的としております。

近年、ストレスやうつなど社会生活を営む中で心身の不調を訴える方が増加しており、また、高齢化社会の進行などにより認知症の方の増加も社会が抱える課題の一つとして捉えられております。これらの方々へのより適切な対応も精神医療に求められる社会的な使命であります。他の医療分野と同様に、精神医療も近年著しく進歩している中で、さまざまな療法、新薬が開発されておりますが、当院としても、先進医療など科学的な根拠があり効果が期待される療法は積極的に取り入れていきたいと考えております。また、全人的医療の観点に立った診療を行うことや予防医学の具体的実践も大切なことと考えており、積極的に取り組んでまいります。 

当院の職員は、患者様の生命・人格・人権を尊重した、個別性のある適切な看護でサポートする ホスピタリティマインドを持って患者様と向き合うことを心掛け、実践しております。今後も当法人は、病院関係者一丸となり、良質の医療サービスを患者様にお届けするべく、たゆまない努力をしてまいりたいと考えております。



院長挨拶

池谷 龍一

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。医療法人社団清明会 新庄明和病院の池谷龍一です。私は静岡県浜松市の出身で、大学進学をきっかけに山形県へ参りました。医師となってからも、米沢市立病院や日本海総合病院など山形県内で勤務していますので、20年間以上山形県で暮らしていることになります。
医師になって初めて立った医療現場が大学病院の救急部でした。そこでは、救急搬送される患者への対応、様々なケースを体験しました。その中には自死自殺を試みて搬送される方々もおりました。その頃から医療現場において身体の治療だけではなく精神のケアも重要と思い始め、2年間の初期研修を終えた後、精神科医としての道を選びました。医師になった頃から医師不足の地域で働いてみたいと考えていましたし、その後、縁あって平成23年新庄明和病院へ赴任、平成29年より院長職をつとめさせていただくことになりました。

これからも、一精神科医として、患者様方の不安や緊張を少しでも軽くできますよう話しやすい雰囲気づくりを大切にし、スタッフ皆様の力を借りながら、患者様方が安心して治療に専念できるよう心がけていきます。よろしくお願いいたします。

診療科目

精神科・神経科・内科

診療時間

  • 月~金8:30 ~ 17:30
    (受付時間 8:30~11:00)
  • 休診日土曜、日曜、祝祭日
Copyright (c) 2019 Shinjo meiwa hospital. All Rights Reserved.